高血圧を抱えるリスク

高血圧で頭を抱える男性

高血圧は、体にさまざまな弊害をもたらします。その要因は、体質や生活習慣にもよるところが大きいといえます。ここでは、高血圧になることで体にどのような影響があるのかを、記載します。

高血圧は万病の元

高血圧が厄介で、そして恐ろしいのは、それが万病のもとにもなり得る様態だからです。このことは、医学的にも明確にされていることです。しかも高血圧によって引き起こされる病気のほとんどが、体に対してとても重篤な症状を引き起こす病気であると言うのも、とても恐ろしい点です。たとえば高血圧は生活習慣病のひとつですが、同じく生活習慣病である糖尿病は、高血圧が原因で発症することもあるとされています。その原因は明らかではないのですが、高血圧の人はそうでない人に比べて2~3倍も糖尿病にかかっていると言うことは明らかになっていることです。そして糖尿病は、糖尿病性の腎症や網膜症、全身の神経障害などを引き起こし、そこから様々な機能障害や症状を引き起こすこともある病気です。また糖尿病性腎症に限らず、腎症自体も高血圧によって引き起こされることが多い病気のひとつです。これは血中の水分が多くなり、体内の塩分と水分のバランスが崩れることで腎臓に大きな負担がかかることが原因だと言われています。腎臓の機能が低下すると、むくみや疲れが発生しやすくなります。そしてそれが進行すると、体内の余分な水分を排出することができなくなってしまい、人工透析が必要になってしまうこともあります。更に血管に対する圧力が大きくなると、動脈硬化も発生しやすくなります。動脈硬化は血管の柔軟性が失われ、またその内部にコレステロールが溜まってしまっている状態を指します。そのため、少しの衝撃でも血管が詰まったり、破れやすくなったりします。結果、心臓の血管が詰まることで心筋梗塞などの心疾患が、あるいは脳の血管が破れることで脳卒中などの脳血管疾患が発症しやすくなります。このような万病を防ぐためにも、高血圧予防に努めることが重要です。

高血圧と寿命の関係

いつまでも元気で長生きをしたい、と思うならどうすればいいでしょうか。それは、自分自身の健康にしっかりと気を付けることです。健康に気を付けるなら、当然寿命も長くなるといえるでしょう。寿命を左右するのに関係していることの一つが、血圧です。血圧を測るなら自分自身の健康状態を知ることができますので、毎日図るようにしましょう。もし、平均と比べて血圧が高い、ということに気付いたなら、軽く見るのではなく深刻に取り組みましょう。高血圧が原因で動脈硬化が促進されて、結果として心臓や腎臓などの様々な臓器に障害をもたらしてしまうことになりかねません。また、脳卒中や脳梗塞などの病気も引き起こされます。平均的な血圧の人と高血圧の人と比べると、高血圧の人が様々な病気にかかりやすいうえに、寿命が短いのも事実です。それで、高血圧の人は早めに改善する必要があります。では、どのように改善することができるでしょうか。いろんな方法がありますが、その一つが食事改善です。塩分をできるだけ控えるようにして、薄味を心がけるようにしましょう。お醤油などは減塩タイプのものが市販されていますので、減塩タイプを選ぶようにしましょう。さらに、ストレスも血圧に影響を及ぼしますので、できるだけストレスを抱え込まないようにしましょう。対人関係、仕事上の悩み、金銭上の心配といった問題は早めに解決しましょう。高血圧は自分の努力次第で、ある程度改善することができます。しかし、それと同時に専門の医療機関に行って、医師に診てもらうようにしましょう。そして、適切な薬や漢方を使って改善することも一つの方法でしょう。ぜひ、高血圧を解消して元気で長生きをしましょう。

高血圧になりにくい食べ物

血圧が高い状態が維持されてしまうと血管や心臓、腎臓などに負担がかかっていき、それが原因で合併症を伴うようになってきてしまいます。動脈硬化から心筋梗塞や脳梗塞を併発したり、心不全や腎不全などを引き起こしてしまうと命にもかかわるだけでなく、生活の質を大幅に低下させてしまうことになりかねません。そのため、高血圧の予防を行うことは現代社会を生きる上で重要な視点となります。
多くの人が高血圧になる原因は生活習慣に根ざしていることが多く、特に食生活による影響が大きいと考えられているのが現状です。そのため、高血圧になりにくい食べ物を食べる習慣をつけることによってその予防を行っていくことが可能です。基本となるのは減塩食であり、塩分の少ない食べ物を食べることが効果を示していくとされています。しかし、食べたいものを食べられなくしてしまうのは辛いことがあるかもしれません。そのため、食べることによって高血圧になりにくくなる食べ物を積極的に食べるという考え方を持つことも大切です。血圧が上昇してしまう原因となっているナトリウムを排出するのに役立つカリウムを多く含む食べ物は高血圧の予防に役立ちます。その代表的なものが野菜であり、現代人の生活では必要量を食べられていないことが一般的です。そのため、野菜をふんだんに食べる食生活を始めることによって高血圧の予防をするというのは多くの人にとって効果を期待できる方法となるでしょう。野菜に含まれるのはカリウムだけでなく、多様なビタミンやミネラルもあります。そのため、野菜不足の食生活を野菜豊富な食生活に切り替えることによって生涯にわたって健康に生きていくことができるようになります。

■高血圧症を抱える方にはロサルタン配合のお薬がおすすめ
ロサルタン